« 二回目の悪夢? | トップページ | フラットな環境 »

2006年10月11日 (水)

モーツァルトのホワイトチョコ

 以前に、ゴディバのホワイトチョコリキュールを飲み、チョコレートリキュールでは一般的なモーツァルトのものと飲み比べたい…と思っていました。
 ただ、量が多かったので、考えていたところ…ミニボトルがあるのを発見!
 同じホワイトチョコのミニボトルを買ってきて、早速試飲。

Ca340079

 ちょっとピンボケなのは、ミニボトルということでご勘弁を。
 50mlで、500円弱と、値段は同じくらいです。
 ちなみに、大きなサイズの物だと、300mlで1000円程度、500mlで1500円程度で売っているので、価格の点ではこちらが大きくリード。

 ゴディバの大きなサイズ(500ml)は、2500円以上しますし…。
 ちなみに、検索してみたところ、「白」の500mlも、あるようです。
 カタログ(白を買ったときについていたもの)には載っていなかったので、てっきり無いと思っていました。

 そして、味は…ちょっと「ホワイトチョコ」とは異なる味?
 どちらかというと、ホワイトチョコよりも、ベイリーズという名前の「クリーム入りのウイスキー」に近い感触で、更にアルコールの主張が強いです。
 そのため、「ホワイトチョコ」の再現…という意味では、明らかにゴディバに軍配が上がります。
 お酒の味が気にならないという人であれば、こちらの方でも良いのかもしれません。

 ちなみに、上であげた「ベイリーズ」も、お気に入りのお酒の一つ。
 ウイスキーが「隠し味」程度に配合されていて、クリーム主体の甘いお酒です。
 (ちなみに、値段は700mlで1500円程度と、比較的割安です)

 モーツァルトは、このベイリーズよりも、「ウイスキーの主張が強い」ので、お酒の味が苦手(そのため、カクテル系オンリーです…(苦笑))な私には、ちょっと合いませんでした。

 …最近、結構自宅で飲む機会が多いです。
 もっとも、週末限定なので、「中毒」というわけではないと思うのですが…。

« 二回目の悪夢? | トップページ | フラットな環境 »

お酒関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルトのホワイトチョコ:

« 二回目の悪夢? | トップページ | フラットな環境 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ