« 謎のおでん | トップページ | みたらし団子グミ »

2006年10月27日 (金)

必須科目の履修漏れ

 現在、新聞でもかなり取り上げられているこの事件、調査が進み、多くの高校で「履修漏れ」があることが分かってきました。
 受験生にとっては、まさに災難としか言いようの無い事件ですが…この事件、なんとなく「日本の負の現状」をさらけ出したように感じられてなりません。

 この事件の主な要因は、「受験に必要な教科以外を切り捨てた」ことにあると思います。
 結果、時間がかかり、しかも「その個人にとって、受験に必要とされない教科」を履修させないことにより、受験「のみに特化した」学生を育て上げることにより、進学率を高め、高校の評価を上げる…という構図が見て取れます。
 こんな教育で、「人間性のある」人材が育つとはとても思えません…すでに、「教育」という言葉が定義する範囲を外れているようにすら感じます。

 同じようなことが、日本の「企業」にも言えると思います。
 日本の「景気回復」は、「コストのかかる部分」、そして「無駄」をとことんまで切り詰めたことによって、一部の企業において見られる現象です。
 しかし、その切り捨てられた部分が本当に無駄なのか、そして「想定外」の事態が起きたときに、取り戻せるのか…と考えると、非常に怖いと思います。
 現に、リコールの増加、品質管理の問題など、次々と表れているのを目の当たりにすると、「切り捨てたものこそが、大切だったのでは」と思わずにはいられません。

 不要なものは切り捨てる…そんな考えが蔓延している社会で、「やさしさ」という感情が果たして育つのでしょうか?
 どうも、日本が最近「おかしく」なっている根底に、この「切り捨て」という考えがあるように感じられてなりません…。

« 謎のおでん | トップページ | みたらし団子グミ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 必須科目の履修漏れ:

« 謎のおでん | トップページ | みたらし団子グミ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ