« みたらし団子グミ | トップページ | 中華のコース »

2006年10月29日 (日)

0円の罠

 ソフトバンクが、通話料、メール、機種購入料金全てを「0円」とする、料金体系を発表し、かなりの話題を呼んでいるようです。
 一見、今までの携帯の常識を打ち破る、とても魅力的なプランに見えると思います。
 しかし、この料金体系、かなり気をつけて利用しないと、とんでもないことになりそうです。

 まず、ゴールドプランは、「基本料金2880円、通話、メール料金0」というのがうたい文句です。
 ところが、この通話、及びメール料金は、あくまで「ソフトバンクの端末同士で通話した場合のみ」の適用であり、しかもこのプランには無料通話分が無いため、他社製の携帯電話、固定電話などに対して電話をすると、それだけで余分なお金がかかることになります。
 また、頭金(端末の料金)は「そのときに支払わないだけ」であり、結局月々の基本料金に上乗せ(多少の割引はあるようですが)されて払う必要がある上、解約すると残金分は「ローン」として支払わなければなりません。

 この点は、「機種変更」にも同じことが言えるので、2年以上同じ端末を使い続けない限り、機種変更するだけで2千円程度の料金が毎月加算されることになります。
 はっきり言って、携帯を流行で選ぶ人には、絶対にお勧めできないと思います。

 また、ポイントなども、「割引後の金額につく」ため、今までよりもつくポイントは控えめになってしまうという点も、微妙な点ですが考慮する必要があると思います。

 上記のデメリットがあるにもかかわらず、販売店側は「頭金が要らない」ことと、「端末価格は分割で後から請求される」ことだけを述べて、次々と契約を成立させているようです。

 もともと私が「ソフトバンク嫌い」ということもありますが、この戦略ははっきり言って「卑怯」の域にまで達していると思います。
 「こんなはずではなかった」と思うユーザーが後を絶たない…という事態が、目に浮かびます。

 ちなみに、二つの記事をベースに、この記事は作成しました。
 もし、ソフトバンクに乗り換えようとする方がいたとしたら、これを熟読し、納得した上で選択することをお勧めします。

 記事1 記事2

« みたらし団子グミ | トップページ | 中華のコース »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 0円の罠:

« みたらし団子グミ | トップページ | 中華のコース »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ