« AUへの(ちょっと)不満点 | トップページ | ナスカ展&静岡探索 »

2006年10月22日 (日)

鍼灸の後は

 鍼灸、マッサージなどは、疲れた体をほぐし、疲労回復に効果的です。
 ただし、場合によっては、やらないほうがいいときもあったりします。

 マッサージ系全般に言えることなのですが、疲れた体がほぐれることにより、一時的に「疲労が出る」状態となります。
 そのため、マッサージをした後に運動をしたりするのは、あまり良くありません。

 基本的は、やった後1~2時間くらいすると、かなり眠くなるので、その時間くらいに車の運転をするのも避けたほうが無難だと思います。
 可能であれば、眠気に身をゆだねて、ゆっくり眠ると、疲労が完全に抜けるのではないかと思います。

 全身性で無いマッサージの場合は、恐らくここまで「疲れが出る」ことは無いと思いますけれどね。
 疲れが出るというのも、それだけ「疲れを溜め込んでいた」という証拠みたいな物ですし。
 疲れ、肩こりの解消にはやはりマッサージは効果的だと思います。

« AUへの(ちょっと)不満点 | トップページ | ナスカ展&静岡探索 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鍼灸の後は:

« AUへの(ちょっと)不満点 | トップページ | ナスカ展&静岡探索 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ