« ベルギーチョコまん | トップページ | 謎のおでん »

2006年10月25日 (水)

IP電話の不都合

 新聞で、NTT西日本のIP電話が非常につながりにくい状態になり、復旧が未定という記事が載っていました。
 (ちなみに、検索したところ、10月24日午後8時現在、復旧のための対策を25日に行うという記事がありました)
 原因は、「トラフィック過多」、つまり異常な数の接続によって、サーバに支障が出たためらしいです。

 なにやら、3月などにもおきているらしく、「新技術」のもろさが出ているのかな…と思ってしまいました。
 「電話」がつながらない…というのは、いくら携帯が普及した現在でも、相当の不便を強いられると思いますしね。
 もし、職場の電話が使えなくなったら…と考えると、ぞっとします。

 最近流行の「光ケーブルによるインターネット接続」は、多くの場合において「IP電話」がセットになっており、定額で電話がかけ放題…という強いプラスイメージがあったのですが、かなり見方を修正しないといけない模様。
 やはり、まだ「こなれていない」技術というものは、ある程度の危険性をはらんでいるようです。
 以前に紹介した、コンセントを使うインターネット接続も、恐らく初めのうちは相当支障が出るものだと思いますしね。

« ベルギーチョコまん | トップページ | 謎のおでん »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IP電話の不都合:

« ベルギーチョコまん | トップページ | 謎のおでん »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ