« ハーブの世界 その9 エキナセア | トップページ | 時すでに遅し? »

2006年9月29日 (金)

チョコレートレビュー Wawel

 懲りずに、高カカオ分のチョコレートを愛食しております。
 ダイエットには、それほど効果は無いのかも…と思いつつも、高カカオ分のチョコレートのもつ「味」のほうが気に入ってしまったので(笑)。
 甘さが少ないので、よりカカオの味がしっかり分かる…様な気がします。

 今回、更に店頭で二種類のチョコレートを発見。
 一方はまだ未開封なので、後日レビューすることにして、今回は「Wawel」というチョコレートについて紹介します。

Ca340070

 袋のチョコレートだったので、開封したら、ちょっとしわがよってしまいました。
 とはいえ、目印にはなると思ったので、写真を載せておきます。

 味は…90%なのに甘いという、ちょっと矛盾した感じ。
 ほかのblog(検索でヒットした物)では、粘つく感じとありましたが、確かにちょっとそういう感じがあり、そのため余計に甘みを感じた…のかもしれません。
 個人的には、高カカオ分チョコでよくある「粉っぽさ」を感じなかったので、結構好きなのですが、世間一般の評価ではあまり良くないようで…。
 口の中にカカオの後味が「強く残る」ところが、減点対象になっているのだと思います。

 値段は、ほかの高カカオ分チョコレートとほぼ同等なので、好みの問題になると思います。
 一応、お勧めとしては、以前にあげたコートドールのほうが「上」ということで…。

« ハーブの世界 その9 エキナセア | トップページ | 時すでに遅し? »

お菓子関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チョコレートレビュー Wawel:

« ハーブの世界 その9 エキナセア | トップページ | 時すでに遅し? »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ