« ゴディバの「白」 | トップページ | 炭焼きの「黒」 »

2006年9月24日 (日)

卵焼き二種類

 これは、あくまでテレビでやっていたことなので、ちょっと確実性に乏しいのが難点なのですが、試した経験(2回)からすると、そこそこ当てはまるのかな…と思ったので、紹介します。

 お弁当の定番といえば、卵焼きです。
 そして、卵焼きのレシピでは、卵を良くかき混ぜ、弱火で焦げ付かないように…というのが、基本だと思います。
 ところが、このやり方、ある意味では「間違っている」らしいのです。

 そのテレビの実験では、確かにその作り方で「美味しい」卵焼きが出来たのですが、時間がたつにつれて、ぱさついてしまうとのこと。
 あくまで、一般的なレシピは「すぐに食べる」時に向いている…らしいです。
 (それゆえに、後述の作り方よりも、こちらの方が作り立てでは評価は上でした)

 それでは、「お弁当などの、時間がたってから食べる」レシピはというと…まず、卵はあまりかき回さず、白身を切るように菜ばしで5往復程度、だし汁(これも、通常よりはるかに多い、大さじ6を投入します)を入れてから90度器を動かしてもう5往復…これだけで、「白身を切る」程度にするとのことです。

 そして、一番大きな違いが、「強火で攻める」ということです!
 卵を流し込んだ際に、温度が下がり、また気泡が出来るので、手早くやるのであればこげることは無い…ということで、実際に卵焼きのお店では「強火」でやっているそうです。

 もっとも、最後に「自分たちが作った、つくりたての」その方法で作った卵焼きを美味しいといってゲストは食べていたので、そこでちょっと信頼性は不安なのですが…。
 私が作ったときも、多少焦げてしまいましたが、ジューシーであったことだけは保障します。

« ゴディバの「白」 | トップページ | 炭焼きの「黒」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卵焼き二種類:

« ゴディバの「白」 | トップページ | 炭焼きの「黒」 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ