« 巨大落花生 | トップページ | 静岡版おでん缶 »

2006年9月 4日 (月)

猫、危篤

 家の猫が、食事のたびに「発作」を起こすようになってしまいました。
 もともと、糖尿病で、一時期治療を受けたのですが、あまり効果がないため、苦しませたくないという気持ちから、治療をやめ、自然に任せていました。
 インシュリンを打つと、かえって「低血糖の発作」を起こす有様でしたしね。

 そして、一昨日あたりから、トイレに行く体力もなくなり、オムツの使用を余儀なくされております。
 そして、食事を食べた後に、かなりの頻度で痙攣発作を起こし、体ががくがくと震えております…。
 一度など、痙攣で体が飛び跳ねて、そのままゴミ箱の中に落っこちたほど(苦笑)。

 そのため、ちょっと「しっかりした記事」を書く気力が厳しい状態なので、数日間記事が簡単なものになってしまうかもしれません。
 今も、必死で鳴いているような状態です。

« 巨大落花生 | トップページ | 静岡版おでん缶 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫、危篤:

« 巨大落花生 | トップページ | 静岡版おでん缶 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ