« 猫、危篤 | トップページ | 定額制のありがたさ »

2006年9月 5日 (火)

静岡版おでん缶

 チイさんのblog紹介されていて、興味のあった「静岡おでん缶」、近所のスーパーで安売りだったため、買ってみました!
 こてんぐのおでん缶より、安売りだったため少し安かったのですが、普段はこちらの方がちょっと高いと思います。

 ちなみに、「静岡おでん」を食べるのは、これがはじめてだったりします。
 (天神屋のものは、ちょっと「静岡おでん」と呼ぶには抵抗がありますので…また、家のおでんに至っては、甘みが強い我が家以外では絶対に味わえない「おでん」となっています)

Ca340055Ca340056

 おでん缶の外観。
 結構大きな缶で、もつと重みを感じます。

 中身は…写真を撮るのを忘れました!
 痛恨のミス。
 まあ、「猫」のことが気になっていて、それどころではなかったのもありますが…。

 汁は、「黒い、濃い色」で、静岡おでん独特の感じが出ていると思います。

 具は、

  • ウズラの卵 3個
  • 牛筋 3切れ
  • 糸こんにゃく 1巻(まとまって、一つになっています…数え方不詳)
  • 黒はんぺん 1個
  • さつま揚げ 1個
  • なると巻き 1個(これに、串が刺さっています)

 以上です。
 一人前…と考えると、結構なボリューム。

 そして、肝心の味は…そこそこ。
 ちょっと「こてんぐ」のものとは異なり、甘みなどがあり、好みが分かれると思います。
 多少缶の味がついてしまうのは、缶詰なので仕方がないところ…ですが、袋詰めのものになれている人には、ちょっと気になるかもしれません。

 静岡駅限定とのことですが、汁が入っていない「ショート」の味も、気になりました。
 ちょっと「汁」の味が独特なので、もしかしたらそちらの方が食べやすい…かもしれません。

« 猫、危篤 | トップページ | 定額制のありがたさ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静岡版おでん缶:

« 猫、危篤 | トップページ | 定額制のありがたさ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ