« 炭焼きの「黒」 | トップページ | 忘れた頃に »

2006年9月26日 (火)

ウイルスバスター最新型

 風邪が、長引いております…。
 昨日も、ひどい下痢で仕事を早退し、点滴を打って何とか体調を維持しております。
 そのため、記事に「乱れ」があるかもしれませんが、ご容赦ください。

 ウイルスバスター系では、一年ごとに会員登録をするシステムとなっております。
 そして、会員登録をすることによって、ウイルスバスターの「最新のプログラム」をダウンロードすることが出来ます。
 ちなみに、パターンなどではなく、プログラム自体なので、現在お店に並びつつある「ウイルスバスター2007」が、ダウンロードの対象です。
 そのため、いつ購入しても、常に最新の技術で作られたプログラムを利用することが出来るというメリットがあります。

 ただし、プログラムのダウンロードは自分で行うことになるので、多少面倒かもしれません。
 とはいえ、ブロードバンドが普及している現在では、それほど時間がかかるというわけでもないので、問題ないと思います。

 そして、早速この2007版を導入してみました。
 もともと2006版から、スパイウェアに対するセキュリティーが充実していたのですが、それに加えて「スパイウェアバスター」という商品の機能も付加したということで、かなり強固な対策が取れそうです。
 また、迷惑メールなどの判定も、より高度な判定基準を導入し、また「アップデートのときに判定基準を作り直す」ことで、正確さをいっそう高めようという努力が見られます。

 以上がメリットなのですが…まだ「こなれた」プログラムでないためか、デメリットも相当あります。

 まず、スパイウェアバスターの機能をまとめたため、プログラム自体が相当重くなり、またスパイウェアの検索にかかる時間も、以前の5倍くらいに跳ね上がってしまい、気楽にできる物ではなくなってしまいました。

 次に、アップデートの際に、迷惑メールの判定基準を作成する作業が加わったため、こちらも以前の10倍(10秒で終わったのが、2分近くかかる!)になってしまい、アップデートが面倒になってしまった…というのも、デメリットといえると思います。

 そして、プログラム自体の起動が、まだちょっと不安定なのか、起動に時間がかかることが多いです…。
 このプログラムが起動しないと、インターネットにつなぐことが出来ないようにブロックされているのですが、最悪5分くらいかかって、ようやく起動する…という事もありました。

 以上から、「新しいバージョンだ!」と思ってすぐに飛びつくよりも、ある程度プログラムが「こなれて、使いやすくなってから」導入した方がいいと思います。
 初物買いは、やっぱり失敗も多いようで…。

 後は、これはどうしようもないデメリットですが、従来のバージョンよりも確実に「プログラム自体が重くなっている」ので、従来のバージョンでも重くていっぱいいっぱいという人は、使用しないか、パソコン自体の強化をしたうえでの導入を強くお奨めします。

« 炭焼きの「黒」 | トップページ | 忘れた頃に »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウイルスバスター最新型:

« 炭焼きの「黒」 | トップページ | 忘れた頃に »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ