« インターネットの大革命? | トップページ | 君が代の強制違憲 »

2006年9月21日 (木)

セカンドフラッシュ

 ダージリンといえば、紅茶の中でもかなりの「高級品」で、以前に「紅茶へのこだわり」で、紅茶の中では例外的にぬるめに出すと美味しい…と紹介したことがあります。

 このダージリンには、ファーストフラッシュと、セカンドフラッシュ、それにオータムナルの二種類が存在します。
 順に、「春摘み」、「夏摘み」、「秋摘み」となります。

 日本では、新茶のイメージからか、ファーストフラッシュが人気なのですが、実は品質的にはセカンドフラッシュのほうが上とのことだったので、かなり興味を持っておりました。
 (ちなみに、最後のオータムナルは、いわゆる中級品として市場に流通する物で、それほど高価ではないそうですので、ダージリンを試すにはいいかもしれません)

 そして、先日手に入れる機会があったので、セカンドフラッシュを飲んで見ました。
 味は…ファーストフラッシュよりも、若干「紅茶一般のイメージに近い」味なのですが、それでいてファーストフラッシュのさわやかな緑茶っぽい味も含まれていて、とっても美味しかったです!
 お店の人は、熱湯で入れると主張していましたが、こちらもファーストフラッシュ同様、若干ぬるめ(85度くらい)のお湯で入れたほうが、美味しくなりました。
 熱湯で入れると、ちょっとさっぱりしすぎる点も、ファーストフラッシュと同じようです。

 ちなみに、値段は50グラムで2400円。
 いわゆる「グラム」だと、5000円近い…自分で買っておきながら、こんな高級品だったとは。
 普段飲むのにはもったいないくらいですが、品質が下がってしまうので、早めに飲まないといけないというジレンマに陥りそうです(笑)。

« インターネットの大革命? | トップページ | 君が代の強制違憲 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セカンドフラッシュ:

« インターネットの大革命? | トップページ | 君が代の強制違憲 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ