« 蚊との戦い | トップページ | 浜松旅行 2日目 »

2006年8月25日 (金)

浜松旅行 1日目

   今回の旅行のコンセプトは、「思いっきり疲れを取る」という、若者にあるまじきものでした(笑)。
 もっとも、仕事がパソコン関連なので、肩こりがひどく、温泉でじっくり疲れを癒したいというのもまた事実だったりします。

 車を運転するのは、両親(主に父)。
 ペーパードライバーの私には、運転は任せてもらえません(苦笑)。

Ca3400522_1 これは、牧の原サービスエリアで購入した「うなぎの蒲焼味」の柿の種です。
 ここのサービスエリアは、「上り」と「下り」で、扱っている商品が全く違うため、その場で買わないと帰りに買えなかった…ということになりかねないので、注意が必要です。
 もっとも、この商品は上り下り共に取り扱っておりましたが(笑)。

Ca340018_2 最初に向かったのは、「グリーンファーム」という名前の、ハーブ園。
 ここの嬉しいところは、入場が「無料」ということ!
 恐らく、中の売店、及び本来「ハーブの出荷のためのスペース」として使っているうちの一部を開放するということで、元を取っているのだと思いますが、利用者としては嬉しい限りです。

Ca340020_1Ca340023_1Ca340024_1Ca340042_1  さまざまなハーブ&ここで味わうことの出来る、「カムカム」という名前の珍しい果物のソフトクリームです。

 次に向かったのが、「浜名湖オルゴールミュージアム」。
 宿泊予定のホテルの駐車場に車を置かせてもらい、徒歩で。

Ca340043_1 向かう途中の、ロープウェイにて撮影。
 もっとすっきり晴れていれば、さぞ絶景だったと思います…。
 どうしても、私が「雨男」のため(?)、旅行のときはいつも雨が降ったり、台風が来たりしています。
 今回のように、両方とも無かったのは、奇跡的かも。

Ca340044Ca340045Ca340046

 オルゴールミュージアムの屋上&内部。
 もともと、オルゴールも大好きなので、非常に楽しめました。
 オルゴールといっても、卓上型の小さいものではなく、円筒やディスクを用い、複雑に音が重なり合う、非常に美しい音色のものです。

Ca340047_1 更に足を伸ばして、見つけた「佃煮屋」。
 あさり、ハマグリなどの一般的なものから、うなぎの身、うなぎの肝などのちょっと変わったものまで、さまざまなものが取り揃えてあり、びっくり。
 ちなみに、お土産用として、うなぎの肝の佃煮を購入。

 そして、その近くの喫茶店で水出しのコーヒー(10時間抽出したものを、温めて出してくれました。これも美味しかったです!)を飲んだあたりで、雲行きが怪しくなったので、ホテルの方へ向かうことに。
 ちなみに、泊まったホテルは、「舘山寺レイクホテル花の井」というところでした。

 温泉に入り、ゆったりしてから、夕食。
 親にたしなめられたため、写真はご容赦ください。
 基本的に、リンク先の「お料理」に近いものが出ています。

 すごかったのが、しゃぶしゃぶ。
 なんと、しゃぶしゃぶようの牛肉として売られている「広い肉」が、一人頭2枚。
 広げると、15センチ四方くらいはありそうです。
 それだけ大きいと、逆にちぎってから鍋に入れないと、千切れてしまいます(笑)。

 また、最後に出た「うなぎ茶漬け」も、美味しかったです。
 ちょうど、ひつまぶしの「3杯目」の、だし汁で食べるのをイメージしていただけると、近いと思います。
 おなか一杯かと思っていたら、さらっと入ってしまいました。

 そして、夜、8時30分から花火が!
 ほんの5分程度でしたが、とってもきれいでした。
 何より、「涼しい部屋の中で、それでいながら近くで」見れたのが良かったです。
 もっとも、こちらも写真を撮ろうとしたら終わってしまった(&美味しい卵焼きの作り方をテレビでやっていて、メモを撮りながら見ていた)ため、写真が無いのが残念です…。

 以下、翌日に続きます。

« 蚊との戦い | トップページ | 浜松旅行 2日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜松旅行 1日目:

« 蚊との戦い | トップページ | 浜松旅行 2日目 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ