« 耳の痛い話 | トップページ | 強烈!バブシャワー »

2006年8月11日 (金)

妖猫化進行中

 以前、「家族で一番「グルメ」なやつ」というタイトルで、うちの猫についてちょっと触れました。
 その、続編みたいな感じです。

 どうやら、飼い猫のグレイは、糖尿病のようで、いくら食べてもおなか一杯にならず、食べ過ぎて吐くか、おなかがすいているかのどちらかしかないようなのです。
 その上、家族が食べているものをねだる(自分用の「えさ」はお皿に入っているにもかかわらず!)のですから、結構たちが悪いです。

 そこで、たまに「変なもの」をあげて、懲らしめております(笑)。
 辛子たっぷりの手羽先…とか。

 そのノリで、今回「懲らしめ」に使用したのが、「奈良漬」でした。
 動物にはアルコールを摂取する習慣はないですし、苦味もありますし、何より「野菜」ですから。

 ところが…あげた途端に、「ばりぼり」という音が…。
 ものの30秒ほどで、食べきってしまいました。

 奈良漬を食べる猫…少なくとも、私は聞いたことがありません。
 おかわりも、同じくおなかの中へ入ってしまいました。
 本当に、「普通の猫」とは、変わってきているのかも?

« 耳の痛い話 | トップページ | 強烈!バブシャワー »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妖猫化進行中:

« 耳の痛い話 | トップページ | 強烈!バブシャワー »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ