« 新たな「相棒」 | トップページ | この青空に約束を―のレビュー »

2006年7月16日 (日)

密かにはまっているもの

 最近、「静岡新聞」の朝刊で連載されている小説、「青春の条件」に、はまっております。

 何気なく読み始めたのですが、これ、結構面白いです。
 コミックバンチに掲載される作品みたいに、アクション、心理的駆け引きなどの「派手」なシーンがちりばめられていて、どこと無く「ライトノベル」に近い感じがします。
 また、「独裁国家における、反政府組織の要となるヒロインを守る」というところも、私の個人的な趣味に、ぴったりマッチしていたりします。

 もちろん、連載小説特有の「弱点」…どうしても、連続性を追うのが難しくなったり、途中から読んでも中身がつかみにくい、シーンが何度と無く中断されてしまうというところは、仕方ないのですが。

 この出来のまま完結してくれるのであれば、単行本が出たときに、購入しても良いかもしれません。

« 新たな「相棒」 | トップページ | この青空に約束を―のレビュー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 密かにはまっているもの:

« 新たな「相棒」 | トップページ | この青空に約束を―のレビュー »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ