« 外国法とのふれあい | トップページ | 出張前の最終チェック »

2006年7月29日 (土)

自己の客観視のために

 ル・シュクルさんから受け取ったバトンは断ってしまいましたが、個人的にちょっと面白かったので、いくつかの部分に限定して、書いて見たいと思います。
 基本的に、「自分の昔」に対するもののようです。

 ●Q1●あなたは昔は何系でしたか?

 昔から今に至るまで、「何系」といわれると、「オタク系」としか答えようが無かったりします(笑)。
 興味を持ったことには、とことんのめりこむことを繰り返していましたし。

 ゲームしかり(数百タイトルはプレイしました)、法律しかり(最近では「会社法」がマイブーム)、小説しかり(家には、千冊を越える蔵書が…)、現在ではハーブしかり(ハーブの本を買って、研究中です)。
 オタクというべきか、多趣味というべきか、判断に困るところは有ります。

 加えるならば、昔は「ネクラ系」だったと思います。
 今でも、そうかもしれませんが。

 ●Q2●あなたは昔習い事をしていましたか?

 水泳や、体操、英会話にエレクトーン、小学校まではペン習字と、色々やらされました。
 英会話だけは、ほんのちょっとだけ身についているのかも?

 ●Q3●今と昔、一番変わったなーと思うことは?

 少しだけ、「自分を認められる」ようになったことですね。
 昔は「自分が大嫌い」で、自殺すら考えたことがありましたし。
 もっとも、今でもたまに落ち込むことはありますけれどね。
 しかも、「今年の4月中旬」からこのようになったので、「昔」とすらいえないかもしれません。

 ●Q4●今と昔、変わらないなーと思うことは?

 短気なところ(笑)。

 後は、「自分が「鏡」である」ということ。
 具体的には、「好意をもって接する」人にはとことん丁寧で、「敵意をもって接する」人には徹底的に敵意を見せてしまうようなところがあります。

 もちろん、「冗談」とか、「軽い接触」については敵意には当たりません。
 本当に、「最初からけんか腰」の人に、「見せかけの好意」を見せることができない…くらいの意味合いです。
 営業には、とことん向きません(笑)。

 ●Q5●昔からのトラウマはありますか?

 ヘビ!
 この生き物、及び「大きな蜘蛛」は、大の苦手です。

 後は…「自分の領域を侵害されること」については、激しいトラウマを持っております。
 最近、「ホームページの掲示板」が荒らされていて、怒りを覚えております。
 何でこんな「メリットの無い侵害行為」をするのか、理解に苦しみます。
 そんなのにだまされる人、ここに来る人の中にはいるとは思えないのに。

 ●Q6●昔なりたかったものはなんですか?

 小学校低学年では、「コック」が夢でした。
 美味しいものを「自分で作って、それに満足してもらう」…これは、喜びにつながると思います。
 主婦の方は、そういう意味では、すごいと尊敬しております。

 小学校高学年になると、「会社員」と、夢もそっけもなくなりました(笑)。
 何しろ、「将来の自分」として、「通勤に2時間くらいの時間をかけて首都圏に行くサラリーマン」と書いたくらいですし。
 ちょっと小学生としては、さびしいですよね。

 大学時代は、「法律を扱う仕事」、及び「プログラマーなど、パソコン関係の職業」にあこがれておりました。
 とはいえ、「弁護士」に向かないのは重々承知していたので、裁判所の事務官か、がんばって検事になりたいと思っていました。
 パソコン関係は、文系なので、「本当に夢」止まりでしたが。

 その意味では、「なりたかったもの」に現在なっているわけで、幸せだと思います。

 ●Q7●あなたの昔の失態を教えてください

 昔も今も、失態だらけです(笑)。
 よくあちこちにぶつかったり、肝心なときに忘れ物をしたり。
 特に忘れ物は、「何度確認しても必ず一つはある」ので、もはやあきらめております(笑)。
 忘れるのは前提として、その場で買えない物を忘れないように努力するという有様。
 「浜松への仕事着新幹線便」は、今でも両親の語り草となっております。

 ●Q8●今と昔の異性の好みを教えてください

 今も昔も…「異性の好み」自体があやふやですね。
 一生懸命生きているというだけで、あこがれます。
 恐らく、「まじめな人」の方が、うまくいくのではないかとぼんやりと考えてはいますが…。

 Q9と、Q10については、個人情報、及び「多人数に回す」ということなので、割愛させていただきます。

 って、結局ほとんどの質問に答えたことになりますね。
 あえて「回す」ことはしませんが、興味を持った方がいたら、どうぞやってみてください。

« 外国法とのふれあい | トップページ | 出張前の最終チェック »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自己の客観視のために:

« 外国法とのふれあい | トップページ | 出張前の最終チェック »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ