« 紅茶へのこだわり その3 ゴールデンルールの例外 | トップページ | ハーブの世界 その4 リコリス »

2006年6月12日 (月)

リラックスのために

 ここのところ、天候不順のため、ちょっと疲れがちです。
 体と心のバランスも、崩れているのかもしれません。

 そこで、今回は、リラックス効果のある、「内関」(ないかん)というつぼについて、紹介したいと思います。

 このつぼは、手首(内側)の関節の中央から、約4センチくらい上にあるつぼです。
 大体、薬指を関節の中央に当てて、人差し指が当たるあたり、あるいは若干その上(女性の場合は、小指を当てるくらいでちょうどいいのかも…)の位置にあります。

 このつぼの効果は、「リラックス」。
 および、不眠にも、若干効果があるようです。
 また、「車酔い」のときに押すと、軽減させる効果があります。

 また、その近くで、同じくリラックス効果のあるつぼに、「神門」(しんもん)というつぼもあります。
 こちらは、両手首の小指側の端、ふくらんだ骨からちょっと手のひら側のところにあります。
 こちらのつぼも、リラックス、および不眠に効果があるので、あわせて試してみてはいかがでしょうか?

« 紅茶へのこだわり その3 ゴールデンルールの例外 | トップページ | ハーブの世界 その4 リコリス »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リラックスのために:

« 紅茶へのこだわり その3 ゴールデンルールの例外 | トップページ | ハーブの世界 その4 リコリス »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ