« お菓子レシピ4 パンナコッタ | トップページ | リラックスのために »

2006年6月11日 (日)

紅茶へのこだわり その3 ゴールデンルールの例外

 紅茶には、「紅茶へのこだわり その1」で示したとおり、「ゴールデンルール」というものがあります。
 これによれば、紅茶は熱湯で入れることが、大きな要件の一つとなっています。

 確かに、通常であれば、熱湯で入れるのが、もっとも香り高い紅茶を味わう秘訣です。
 ただし、物事には「例外」も存在するのです。

 今回紹介するのは、「ダージリン ファーストフレッシュファーストフラッシュ 2006」という紅茶の場合です。
 (スペルミスです。申し訳ありません…平成18年6月11日修正)
 これは、「ダージリン」の、春に摘んだもので、あっさりとした味が、特徴です。
 この、ダージリンという紅茶は、実は熱湯で入れると、ちょっとさっぱりしすぎる味になってしまい、十分に味が引き出せないのです。

 鋭い方は、ピンと来たかもしれません。
 そう、ダージリンは、「緑茶」に近いので、この味を最大に引き出すのには、熱湯よりもむしろ「85℃」程度の方が、向いているのです。

 ちなみに、ダージリンは、味もどちらかというと、「緑茶」に近い感じを受けます。
 ある意味では、「紅茶っぽくない」のですが、逆に言うと、日本人に受け入れられやすいということなのかもしれません。

« お菓子レシピ4 パンナコッタ | トップページ | リラックスのために »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅茶へのこだわり その3 ゴールデンルールの例外:

« お菓子レシピ4 パンナコッタ | トップページ | リラックスのために »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ