« 火急に「使えず」 | トップページ | すれ違いも »

2006年6月14日 (水)

是?それとも非?

 私が住んでいる富士市で、通るたびに、ちょっといやな気分になるところがあります。

 そこは、ペットの販売を行っているところらしいのですが、入り口に掲げられた旗に、「大安売り」とか、「SALE」などがちりばめられています。

 確かに、ペットも「商品」であり、「物」であると考えれば、納得はいくのですが、どうしても「命の安売り」をしているように見えてしまって、仕方がありません。

 とはいえ、「命がなくなったものの」、大安売りなどに、お客は群がる(お肉や、魚など…)ことを考えると、安売りというのは有効な販売手段であり、命の有無だけで判断すべき問題ではないのかも…と考えたりもします。

 個人的にはあまり好きになれない表記なのですが、皆さんはどうでしょうか?

« 火急に「使えず」 | トップページ | すれ違いも »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 是?それとも非?:

« 火急に「使えず」 | トップページ | すれ違いも »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ