« 明日に延期 | トップページ | 紅茶へのこだわり その3 ゴールデンルールの例外 »

2006年6月11日 (日)

お菓子レシピ4 パンナコッタ

060608_1859_1  イチゴの季節も終わり、いよいよ夏が見えてきました。
 そこで、今回は、冷たくて美味しい、「パンナコッタ」のレシピを紹介したいと思います。

 なお、今回のレシピも、母の通っている、「CHOCOLAT MOON」というお菓子教室より、提供いただきました。
 ここのお菓子は、レベルが高い(イチゴのババロアなど、今まで食べた中で一番美味しい!)ので、もし富士近郊にいらっしゃる方で、お菓子作りに興味のある方は、通ってみてはいかがでしょうか?

  1. 材料(小型の型4つ分程度)

    パンナコッタ本体用に、

    生クリーム 200cc
    牛乳 150cc
    バニラビーンズ 半分(1/2本)
    グラニュー糖 30グラム
    板ゼラチン 4グラム
    アマレット 大さじ1
    氷 適量

    キャラメルソース用に、

    水 小さじ1杯
    グラニュー糖 50グラム
    熱湯 50cc
  2. 下準備

    板ゼラチンは、冷水につけて、ふやかした後、冷蔵庫に入れる
    また、バニラビーンズは、切れ目を入れて、中の種をしごき出しておく
    (種、さやともに使用するので、捨てないように注意!)
  3. 手順その1

    まず、キャラメルソースを作る。
    小型の鍋に、水とグラニュー糖を入れて火にかけ、時々ゆすりながら煮詰める。
    薄いきつね色になったら、すぐに火から下ろし、熱湯を注ぐ。このとき、はねる恐れがあるので、少量ずつ入れ、火傷に注意する。
    熱湯を注ぎながら、全体がなじむまで鍋を回し、スプーンでかき混ぜる。
  4. 手順その2

    別の鍋に、生クリーム、牛乳、バニラビーンズ、グラニュー糖を入れて中火にかけ、ゴムべらで混ぜながら温める。沸騰させないように、注意する。
  5. 手順その3

    沸騰寸前になったら、火を止めて、バニラビーンズのさやを取り出す。次に、ふやかした板ゼラチンの水気を絞って鍋に加え、混ぜながら溶かす。そして、裏ごししながら別のボールに入れ、あら熱が取れたら、アマレットを加える。
    ボールの底を氷水につけて、とろみがつくまで混ぜながら、冷やす。
  6. 手順その4

    容器に冷えた材料を流しいれ、冷蔵庫で4~5時間くらい冷やして、固める。

 以上です。
 食べるときに、お好みでキャラメルソースをかけて、召し上がってください。

 ポイントとしては、手順その2で、「沸騰させないこと」。
 沸騰させてしまうと、ゼラチンが固まりにくくなってしまいます。
 後は、「アマレット」が、なかなか見つからないかもしれません。
 比較的大型の「お酒専門店」で、探してみた方が、スーパーよりは見つかる確率が高いと思います。

 比較的簡単なのですが、驚くほどの美味しさ。
 ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

« 明日に延期 | トップページ | 紅茶へのこだわり その3 ゴールデンルールの例外 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お菓子レシピ4 パンナコッタ:

« 明日に延期 | トップページ | 紅茶へのこだわり その3 ゴールデンルールの例外 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ