« フレンチトースト | トップページ | 今日は健康診断 »

2006年5月28日 (日)

コーヒーのススメ その4 ドリップオン

 ここまで、ペーパードリップによるコーヒーの入れ方について、述べていきました。
 ただ、人によっては、ペーパードリップをする時間がないとか、そんな手間をかけるのがめんどくさい…ということも、あると思います。
 現に、私も、休日はペーパードリップのコーヒーを楽しみますが、仕事のある平日はそうも言っていられません。

 そこで、お勧めなのが、ドリップオン方式です。
 あらかじめカップに引っ掛けられるようになっているフィルターにコーヒーの粉が入っていて、そこにお湯を注ぐという方式で、最近は各社から発売されています。
 この方式ですと、基本的にはペーパードリップに極めて近い味となるため、時間が無いときでも、手軽に楽しむことが出来ます。

 トリップオン方式で、有名なのは、一杯19円の、「ブルックス」ですが、ここではあえて初心者にはお勧めできないと述べておきます(ブルックスの方には、申し訳ありません!)。
 なぜかというと、ブルックスの豆は、結構癖が強く、好みが分かれるからです。
 ある程度コーヒーの味に慣れてからの方が、自分の好みを見つけやすく、その上でここのコーヒーを選ぶのであれば、安価でよいのかもしれません。

 個人的には、大手メーカーのブレンドから試すのがいいと思います。
 それですと、味に癖があまり無いので、比較的初心者でも飲みやすい味に仕上がっています。
 あくまで個人の好みでは、「キーコーヒー」の、「ドリップオン テイスティライフ スペシャルブレンド」が、結構おいしく、そのわりには値段も安めで、お勧めです。

 上級者向け(ひょっとしたら、初心者もこの方法がいいのかもしれませんが)の手段としては、コーヒーを取り扱っている店の、オリジナルのドリップオンを購入するという手があります。
 これですと、そこのお店で扱っている豆の味そのままが楽しめますので、もしドリップオンのラインナップに好みの豆があるようでしたら、一番いい方法かもしれません。

 ちなみに、私は濃いコーヒーが苦手なので、ドリップオンの適量(140ccとなっています)よりもかなり容量の大きい、マグカップを使っていますが、結構それでも味が出るので、スターバックスくらいの濃さが無いとコーヒーを飲む意味が無い(あそこのコーヒーは、相当濃いです)という方以外は、マグカップを使っても、それほど問題は無いと思います。

 一応、ポイントとしては、最初に少量のお湯を入れた後、20~30秒ほどお湯を注がずに蒸らすことだけは、忘れないようにしてください。
 味が、全く変わってきますので。

« フレンチトースト | トップページ | 今日は健康診断 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーヒーのススメ その4 ドリップオン:

« フレンチトースト | トップページ | 今日は健康診断 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ