« 魅惑の世界 | トップページ | 逆転思考 »

2006年5月18日 (木)

お菓子レシピ2 イチゴ大福

 その1があるということは、その2もあるということで。

 「ル・シュクル」さんとリンクできた記念というわけでもないのですが、イチゴの季節がもうすぐ終わってしまうので、あわててレシピの方をあげさせていただきます。
 なお、このレシピは、いわゆるコンビニなどで売っているイチゴ大福に近い、「簡略版」であることをはじめに述べさせていただきます。

  1. 材料(10個分)
    いちご 10個
    (小粒のものが望ましい。安くて小さいパック、可能であればべにほっぺがベスト)
    白玉粉 1カップ
    上白糖 2分の1カップ
    水    1カップ
    食紅    微量(赤、嫌いな人は、いちごの絞り汁でもよい)
    餡    200グラム(あれば、白あんがベスト)
    片栗粉 適宜
  2. 下準備
    いちごを水洗いして、水気をきって、ヘタを取っておく。
  3. 手順1
    いちご1個につき、餡の10分の1の割合で包んで、団子状にしておく。
  4. 手順2
    白玉粉、上白糖、水、食紅を、耐熱容器(ガラス製のボールなど。なければその1で述べたとおり、ラーメンどんぶりなどでもよい)に入れて、軽く混ぜた後、ラップをして電子レンジで2分間加熱する。
  5. 手順3
    加熱後、ラップを取り(火傷注意!)、軽くかき混ぜ、再びラップをかけて、2分間電子レンジで加熱する。
  6. 手順4
    その後、軽くかき混ぜ、今度はラップをかけないで(この点注意!)、同じように2分間電子レンジで加熱する。
  7. 手順5
    片栗粉をまぶした板(まな板など)の上に加熱の終わったもの(これを、牛皮(ぎゅうひ)といいます…普通のお餅と異なり、冷めても硬くならないのがポイント)を乗せて、手にも片栗粉をまぶし、牛皮を伸ばして(手で転がすようにします…やっぱり、火傷注意)、棒状にする。
  8. 手順6
    棒状になった牛皮を10個に分ける。これを手のひらで伸ばして(やっぱり、ここでも手に片栗粉をつけた方が、やりやすいです)、円盤型にして、手順1で作った餡の団子を包めば完成。

 以上です。
 やっぱり、文章にするとちょっと大変そうですが、とっても簡単!
 やることは基本的に、材料をはかって、混ぜて、電子レンジで加熱するだけです。
 おいしくて、見た目も鮮やかなピンク色のいちご大福。
 ぜひ、興味を持った方はチャレンジしてみてください。

« 魅惑の世界 | トップページ | 逆転思考 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お菓子レシピ2 イチゴ大福:

« 魅惑の世界 | トップページ | 逆転思考 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ