2019年8月18日 (日)

ヤマザキ 桔梗信玄餅風おむれっと

 セブンイレブンで、美味しそうな商品を発見しました。
 桔梗信玄餅風味……あの味は私がもっとも好きなものの一つで、これは見逃せません。
 即購入して、試してみることにしました。

Img_0958

 こちらが商品です。
 値段は198円(税込)と、そこそこの価格でした。
 同じヤマザキの、ふわふわスフレより割高に感じてしまいますが、コンビニスイーツの中では比較的お手頃価格だと思います。

Img_0959

 もちもちとしたきなこ風味生地で、きなこクリーム、黒蜜ゼリーをサンドしているようです。
 もち自体は入っておらず、その分オムレット生地をもっちりした食感にすることで、風味を再現しているようでした。

Img_0960

 カロリーは343キロカロリーと、やや高めです。
 和菓子よりも洋菓子のカロリーなので、その点は注意が必要です。

Img_0961

 ミックス粉を中心とした商品のようです。
 粉は国内製造となっており、多少安心感があるかな? と、感じました。

Img_0962

 製造は山崎製パンです。
 スイーツでも最近よく見かける名前だと感じました。

Img_0963

 袋から出すと、こんな感じです。
 大きな薄いプラスチックのトレーで、二つ折りになっていました。

Img_0965

 トレーを開けると、こんな感じです。
 弾力のあるオムレット生地が、美味しそうです。

Img_0966

 断面はこんな感じです。
 少しわかりにくいかもしれませんが、左側の奥に黒蜜の部分、そして中心部にきなこ風味のクリームが入っています。

 食べてみると……まず、オムレットの部分は非常にもっちりした食感で、上手くあのお餅らしさを再現していると感じました。
 通常のオムレットとは全く違う、しっとりして弾力のある食感です。
 また生地自体にきなこの味があるため、より本物らしく仕上がっていると感じました。

 そしてそこにきなこ味のクリームと、黒蜜が加わると……完全に一致こそしないものの、かなりいい感じに仕上がっていると思いました。
 信玄餅そのものではないものの、「風味」という形であれば十分及第点だと思います。
 黒蜜ときなこなので相性抜群の組み合わせであり、洋菓子でありながら和風の要素が上手くマッチしていると感じました。

 比較的手ごろな価格で、満足感の高い商品です。
 もしセブンイレブンで見かけたら、ぜひチェックしてみてください。

2019年8月 4日 (日)

社長への道?

 最近、自分は人に指図されて働くよりも、自分の力で報酬を勝ち取るほうが向いているのではないか? と、考えることがあります。

 小説家というのもその一環ですが、もっと大きなことがしたいという思いや、現在通っている障害者向けの職業訓練の仲間と、もっと一緒に楽しみたいという気持ちが強くなってきています。

 そんな中、考えているのが「起業」です。
 元々私はパソコン関係全般に強いので、パソコンに関連した会社を作り、そこで障害者や外国人技能実習生などを使って製造、販売、設定や設置の代行などをメインとしたことができたら、普通の仕事よりもよほど楽しくできるだろうな……と、考えています。

 そのため現在、色々なサイトをめぐって資料を集めているところです。
 幸い退職金がまだ少し残っているので、それを資本金にすれば昔で言うところの「有限会社」程度の会社であれば、十分作れると判断しました。

 障害を持っているからといって、簡単な仕事しか任せられないなんていう事はないというのは、毎日の講義で実感しています。
 後は一緒にやっている仲間たちの合意と、研修所の社長の意見などを聞きながら、方向性をよりしっかりと固めていこうと思っています。

 ちなみに小説も、続ける予定です。

 ブレイブソード 第一部 ~もう一つの今~
 https://ncode.syosetu.com/n1882fq/

 もし、登録していない方はぜひ登録したうえで、ブックマークをしてください。
 そうすると「しおり」という機能が使えるようになるので、どこまで読んだのかが分かりやすくなります。
 またブックマークしてもらうだけでもポイントが入りますし、評価してもらえれば更にポイントが増えるので、モチベーション向上につながります。
 ぜひ、ご協力ください。

2019年7月27日 (土)

ブレイブソード 第一部 ~もう一つの今~ 公開しました

 最近私がはまっているのが、小説を書くことです。
 自分の頭の中だけにいたキャラクターたちが、文章という形で息吹を吹き込まれるのが、楽しくて仕方がありません。

 そして、今日からその小説を、「小説家になろう」というサイトで公開することにしました。
 https://ncode.syosetu.com/n1882fq/

 大体20話前後の書き溜めがあるため、8月いっぱいくらいまでは毎日更新できると思います。
 構成としては四部作になる予定で、終わるのが6~8年後というロングスパンの物語です。
 もしこのブログを見ている方で、興味を持った方がいましたら、ぜひチェックしてみてください。

 ついでに勉強の方も、頑張っています。
 今日MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)の試験を受けて、WordとExcelの両方のスタンダードの検定に合格しました。
 さらに上のランクである、エキスパートの方も現在勉強中です。
 パソコン系が好きなので、楽しみながら勉強ができ、明らかに向いているタイプなのだろうな、と感じています。

2019年7月21日 (日)

スジャータめいらく メロンミックススムージー

 昨日に引き続き、マックスバリュで購入した商品です。
 私は現在、職業訓練校に通っています。
 そのすぐ近くにマックスバリュがあるため、よくそこで買い物をするのです。
 そんな中、少しのどが渇いたときに購入したのがこの商品です。

Dsc_1189_r

 外見はこんな感じです。
 値段は158円(税抜)と、そこそこの値段でした。
 ですが、果汁26%ということを考えれば、十分納得できます。

Dsc_1190_r

 開封後によく振って飲むよう、注意がされていました。
 メロンの果肉と果汁を贅沢に使用したという表記もあり、楽しみです。

Dsc_1191_r

 全体的には、プラスチックを使用した商品のようです。
 もっともカップは汚れが落ちにくいので、燃えるゴミとして処理したほうがいいかな? と、感じました。

Dsc_1192_r

 原材料を見ると、メロンだけではなくりんごやバナナが入っていました。
 アレルギー物質にも記載があり、注意が必要だと思います。
 メロンは粒状になって入っているようでした。

Dsc_1193_r

 カロリーは一本当たり、131キロカロリーです。
 200グラム入っているので、そこそこ満足感が得られそうであり、比較的低カロリーだと感じました。

 飲んでみると……メロンの風味がしっかり感じられる商品です。
 太いストローが付いていて、飲んでいるうちにメロンの果肉が口の中に入り、アクセントとして十分だと感じました。
 メロンだけだと青臭さが出てしまうかもしれないので、ほかの果汁を混ぜたのはむしろ正解だと思います。

 値段は少し高めでしたが、満足度の高い商品でした。
 今度また、購入するかもしれません。

2019年7月20日 (土)

不二家 ミルキークリームカップケーキ

 マックスバリュで、美味しそうな商品を発見しました。
 ミルキークリームのカップケーキです。
 元々ミルキーの味は大好物なので、迷わず手に取りました。

Dsc_1186_r

 こちらが商品を、上から撮影したものです。
 ミルキークリームとシフォンケーキで構成されているようです。

Dsc_1185_r

 横からだとこんな感じです。
 ミルキーのイラストで、一目で分かりやすいです。
 なお値段は、198円(税抜)でした。

Dsc_1187_r

 カロリーは291キロカロリーと、やや高めです。
 甘い練乳を使っているので、この点はやむを得ないと思います。

Dsc_1188_r

 製造者は不二家で、販売者は山崎製パンでした。
 いったいどんな味なのか、楽しみです。

Dsc_1194_r

 蓋を取ると……白いクリームが、カップいっぱいに広がっています。
 これはかなり、テンションが上がるかも。

Dsc_1195_r

 スプーンを刺してみると……一回目では、クリームしかすくうことができませんでした。
 イラストよりもクリームが多いようで、これは嬉しい誤算です。

 口に運ぶと……あの、甘い練乳の風味が口いっぱいに広がります。
 ホイップだけでも満点に近いくらい、ふんわり滑らかなものに仕上げられています。

Dsc_1196_r

 かなり食べ進めてようやく、シフォンケーキに突入しました。
 クリームによって湿度が保たれており、非常にしっとりしています。
 シフォンケーキのパサついた感じが苦手な人でも、この商品であればおそらく大丈夫だと思われます。

 完成度が高く、大満足の商品でした。
 ミルキーが好きな人に、自信をもってお勧めできます。

2019年6月29日 (土)

双極性障害からの回復

 しっかりとした記事を書くのは、久しぶりです。

 私はずっと、「うつ病」だと思っていたのですが、現れた病相から「双極性障害」と、診断が変わりました。

 この「双極性障害」というのは、「躁うつ病」と呼ばれていたもので、比較的躁状態の程度が軽い2型と、躁鬱の波が強烈な1型が存在します。

 私の場合、その「1型」だったようで、去年の夏にひどい状態になり、入院することになってしまいました。

 加えて、その後はひどいうつ状態になってしまい、一時は何もする気力がわかず、どうにもならない状態が続いていました。
 また、実家から離れて生活していたのですが、それが出来なくなり(食べ物を見るだけで、吐き気がするという状態に陥ってしまいました)、実家に戻るための引っ越しで「片付けができない」という無力さを感じ、更に悲惨な精神状態になってしまっていました。

 そんな中、カウンセリングも兼ねて「Beサポート」というところに行き、知能及び精神の検査をしてもらいました。
 結果は「異状なし」だったのですが、信じることができないくらい、精神的に参っていました。

 そこで紹介されたのが、「ハローワーク主催の、障害者向けの職業訓練」でした。
 私は精神障害者手帳の3級を取得しているため、受講資格があり、応募したところ合格したため、通うことになりました。

 テキストを渡されたのですが……そこに書いてあった内容は、自分が既に勉強したことで、「このくらいの知識があれば、ワードやエクセルを使えると言っていいのか!」と、驚きました。
 そして、当然どんどん勉強が進み、更に休み時間にほかの人から分からないところを問われ、答えるというようなことを通じて、少しずつ精神状態が回復してきました。

 また、簿記の3級に合格したのも、少しだけ後押しになりました。
 現在は2級を勉強中で、並行してMOSというマイクロソフト公認の資格、及びITパスワードという、従来初級シスアドと呼ばれていたものの勉強を、同時に行っています。

 勉強というよりも、「難しいゲーム」のような感覚なので、非常に楽しいです。
 元々パソコン関係が好きで、仕事をしていた頃も入力は大好きで、それだけをやっていたいと思っていたくらいなので、現在はかなりストレスが発散できている状況なのだと思われます。

 ただ、ブログの方はあまりコンビニスイーツを食べなくなってしまったため、どうしようかと悩んでいます。
 週末にこういう記事を書くくらいであれば、それほど負荷にはならないため、そのような形で続けようかな?と考えています。

2019年4月13日 (土)

キットカット もみぢ饅頭味

 文章を書くリハビリを兼ねて、投稿します。

 家の近くにあるスーパーで、激安のキットカットが販売されていました。
 味は……もみぢ饅頭味?!
 どんなものなのか気になったため、購入してみることにしました。

Img_0844

 こちらが商品です。
 値段はなんと、57円(税抜き)でした。
 あまりにも安すぎて、少し不安になります。

 また、この商品は1箱につき10円が寄付されるということですが、おそらく仕入れの時点で支払われることになっていると思われます。
 そうなると、仕入れの価格は果たしていくらだったのだろう、と思ってしまいました。
 新商品ではないのかもしれませんが、その点はご了承ください。

Img_0845

 期間、数量限定で販売されているもののようです。
 元祖となる会社が監修しているということなので、どんな感じなのか気になります。
 また、内容量が3枚となっており、通常のキットカットとは少し異なる形状のようです。

Img_0846

 カロリーは、70キロカロリーです。
 1枚当たりなので、全体だと210キロカロリーになります。

Img_0847

 被災地への寄付を行うということが、上面にも記載されていました。

Img_0848

 中身はこんな感じです。
 通常のものとは違い、縦に三つ入っていました。

Img_0849

 裏はこんな感じです。

Img_0851

 中身はこんな感じで、通常のキットカットとは全く異なります。
 この商品のために作られた型のようでした。

Img_0852

 断面はこんな感じです。
 果たして、どんな味なのでしょうか?

 食べてみると……小豆の味が感じられます。
 ホワイトチョコと小豆という、少し不思議な組み合わせでした。
 まずくはないものの、これでもみぢ饅頭を名乗るというのはちょっと違うかな、という感覚があります。

 値段が値段だったため、文句は言えないと思いました。
 コンビニなどで買ったとしたら、少し残念な感覚になったかもしれませんけれどね。

 

2018年11月21日 (水)

再生するまで

 更新が、ずっと途絶えてしまっていました。

 

 精神的にとことんまで追い詰められてしまい、精神病院への入院を余儀なくされ、数日前に帰ってきたという状況です。
 また、現在服用している薬の影響で、創作的な意欲が全く失われてしまっているという状況であり、記事の更新をすることができませんでした。

 

 加えて、精神的におかしくなっていた時期の影響で、住んでいたアパートが荒れ果てており、そのままでは休めない状況になっていて、現在実家にあるノートパソコンで記載しているという状態です。
 そのため、スイーツの写真を撮ることもできず、どうにもならないという現状になっています。

 

 誠に恐れ入りますが、更新はアパートに復帰し、精神状態が回復してから行う形にさせていただこうと思います。
 とにかく精神的に、疲れ果てましたし……何度躁状態を経験しても学ばない私自身に対しても、いら立ちを感じています。
 躁状態に陥ると、万能感に支配されてしまい、失敗することを繰り返していてなお今回もまた、やらかしてしまいましたからね。

 

 正直、ブログの閉鎖も考えたのですが、薬の影響が残っている状況で重大な決断をするのは危険かな?と考えたため、そのままにしています。
 馬鹿な記事もありますが、ご了承ください。

2018年8月 2日 (木)

セブンイレブン 金魚鉢みたいなケーキ しゅわっとラムネソーダ味

 セブンイレブンで、面白いスイーツを発見しました。
 それが、この商品です。
 見た目が涼しげだったため、手に取ってみました。

 少し前の商品なので、現在は販売終了になっているかもしれません。
 あらかじめ、ご了承ください。

Dsc_0912_r

 こちらが、商品です。
 見た目も面白く、まるで「夏祭り」みたいな気分になります。
 値段は305円、税込みで329円と少々高めですが、涼しげな見た目だったため、手に取ってみました。

Dsc_0913_r

 かなり複雑な構造になっているようです。
 ネットで検索し、「ナパージュ」=「ゼラチンと砂糖水の層」であることが、分かりました。
 普通の人だと、おそらくなじみのない単語だと思います。

 更に、ラムネソース、レモンムース、しゅわっとするクッキー、スポンジという構成になっており、非常に複雑な作りです。
 これだけ手間がかかっているのであれば、この値段も納得できると感じました。

Dsc_0914_r

 保存方法の変更者として、(株)エスアイシステムという表記があります。
 ということは、おそらく冷凍で輸送され、東京で解凍されたのではないかと推測されます。
 製造者はロイヤル(株)で、千葉にある工場で作られているようでした。

Dsc_0916_r

 カロリーは、246キロカロリーです。
 凝ったスイーツで、クリームも使用している割には、控えめな値だと感じました。

Dsc_0917_r

 蓋を取ると、こんな感じです。
 水色のムースで、普段はあまりおいしそうな色と認識していないのですが、緑色のソースとゼラチンの金魚によって、「夏らしく、おいしそう」になっていると感じました。

Dsc_0918_r

 角度を変えて、撮影しました。
 緑色のソースが、「流れ」を表しているようで、「躍動感」が感じられます。

Dsc_0921_r

 プラスチックのトレーと、水あめによって接続されています。
 輸送時の破損を防ぐ、いいやり方だと感じました。

Dsc_0924_r

 トレーから、外してみました。
 涼しげで、やはりおいしそうに見えます。

Dsc_0927_r

 型紙を外すときに、一匹落ちてしまいました。
 固定は弱いようですが、普通に食べる上では問題ないと思います。

Dsc_0928_r

 並べると、こんな感じです。
 金魚が泳いでいるような感覚で、更に楽しくなりました。

Dsc_0930_r

 カットすると、こんな感じです。
 ほぼイラスト通りの形状になっており、楽しみです。

 口に運ぶと、「シュワッ」とした感覚が、広がります。
 ラムネ味のムースと相まって、まさに「ラムネを口にしている」という印象を受けました。
 スイーツでここまで再現度が高いとは思わず、びっくりしました。

 甘みも、塩の味もしっかり感じられ、バランスのいい商品です。
 見た目は確かに子供向けなのですが、完成度が高く、大人が食べても十分楽しめるものだと思いました。
 来年もし再会できたら、ぜひ手に取りたい逸品です。

2018年7月25日 (水)

Iもし、「ど〇えもん」が完結するとしたら

 今まで、いろんな作家が「ド〇えもん」の、最終回に導く考えをしてきました。

 その上で、自分に当てはめて考えてみました。

 びっくりしました。

 ここからが、本題です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 「もし」

 「ド〇えもん」

 主人公であり、、「四次元ポケット」の持ち主です。
 無数のアイテムがあります。

 ですが、中身はぐちゃぐちゃです。
 そのため、必要なものを取り出すことができず、焦ってしまいます。

 まさに、自分そのものでした。

 「の〇太」

 もう一人の主人公です。
 彼は、普段はのんびりしていますが、実はとんでもない「チート」だったのです。

 「銃の腕前」は、それこそ「伝説レベル」なのです。

 「の〇太」、「銃」。

 このキーワードだけで、どこまでのすさまじい能力なのか、わかると思います。

 その上で、です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 もし

 「二人が協力して、四次元ポケットの中を整理して」

 「きちんと必要なものを取り出せるようにして」

 「さらに」

 「二人で「もう一つ」四次元ポケット」を「作る」。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 そして、

 「二人で同時に四次元ポケットの中から、必要なものを取り出す」

 更に、

 「の〇太」は、常に「水鉄砲」を、「片手」に持っていたとしたら。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 これだけで、本当のエンディングに導くことができるかもしれない。
 私は、そう感じました。

«セブンイレブン ラムネわらび

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ